家庭教師の褒め上手な先生を選ぶ

家庭教師といえども、「教師」とつくと日本人は弱いようです。

しかも、大切な子供が人質に取られているような気持ちになり、親としても、なかなか、先生に対して、面と向かって不満がいえません。
それどころか、「先生はすべて正しい、悪いのは子供だ」という風に思ってしまうところもあります。

富士宮の家庭教師を理解するには正しい知識が必要です。

しかし、家庭教師は、その多くは、大学生かその卒業生です。

そのため、科目の内容はわかっても、それを教えるプロとしては、先生によってはまだ未熟なところがあります。

そのために、家庭先生を選ぶための、正しい目を持つことが大切です。
どんな先生がよいのかというと、一言で言って、子供を励ましてくれる先生です。



特に家庭教師をつける場合は二つに分かれます。
ものすごくよい受験校に受験するためにつける場合と、塾ではついていけないほど成績が悪いので家庭教師に頼む場合です。
特に後者の場合は、成績になれていない先生が担当した場合に違いか出てきます。「こんなに成績が悪いなんて」と悪い先生は子供に見たままをいってしまいます。
しかし、よい先生は少しでもその子のよい点を見出して、「君はここがいいから、大丈夫だよ。

きっとよくなるよ」と愛情を持って子供に接し常に励ましてくれます。



励まされるので、子供は、少しずつ、「やってみよう」という気になって勉強に真剣に取り組みます。

家庭教師を選ぶときは、批判的な先生は避けて、子供好きで褒め上手な先生を選ぶことです。