未来の教室ではipadが教科書に

subpage1

ipadは教育目的でも使われているタブレットです。使い方が良い意味でとてもシンプルです。

文字通り小学生でも使える程シンプルにインターフェースが設計されています。

パソコンやインターネットに関する深い知識と経験がなくても平気です。

ipad教室が気になる方はこちらへご来訪下さい。

実際に既に多くの教室でipadは使われています。

社会全体がIT化していき、電子書籍やAIやSNS等が既に現実世界に馴染み始めています。



IT化の波は公教育の教室にも押し寄せてきており、ipadを教科書として使う動きが活発化して来ました。

紙の教科書と黒板が完全に消えてしまう可能性は低いです。
しかしフルカラーで様々な情報を瞬時に子供たちに見せられるipadは次世代型のテキストとして専門家の間で高い評価を集めています。

昆虫の動く様子や植物が育つ過程などは、なかなか普通の教室では、教師が生徒に教えられません。



紙の図鑑ではリアリティに欠けます。
一方でipadを教室の生徒全員に配布して、そこで動画形式のテキストを皆で見れば昆虫のリアリティ溢れる姿が見られたり、植物の育つ過程や細かな部位など、フルカラーの美しいビジュアルで伝えられます。


刺激的なテキストを利用した方が子供たちの学習意欲は向上します。


タブレットは小型なので子供たちでも比較的簡単に扱えますし、アップルの製品は有害なアプリケーションがインストール出来ない仕組みです。

更にコンピューターウイルスにそもそも感染しない仕様なので、教育現場に普及させやすいです。